2013年12月29日日曜日

色々な友達 平成25年12月

色々な友達がいる。今の町に私が住み続けていても、色々とあって日本国内だけでも多くの町から霊的な人に出会う。無論、私が今住んでいる町を離れ地元以外の町で知り合う人もいます。第三者が日本を離れて友達と友達が出会うこともある。世の中、色々です。過去に私が東京に住んでいた時に私を知ってる人はほとんどいないばかりか、連絡が行えなくなったがそれは、仕方がない。人にはそれぞれ、人生がある。

2013年12月25日水曜日

ファラフェル平成25年12月



先日、ファラフェルを食べてきました。恐らく、祝日おめでとう(ハッピーホリデー Happy Holiday)は言えてもメリークリスマスが言えないイスラエル人から購入してきました。私は、普通にメリークリスマスと発言します。

2013年12月8日日曜日

紅葉 平成25年12月




京都で撮影してきた紅葉です。この時、普段よりも多くの人々が居られました。「紅葉の美しさよりも見に来た人の数に驚きを感じた。」と主張したら驚かれるかもしれませんが、それが現実でした。無論、紅葉はとてもキレイでした。

2013年11月30日土曜日

伊勢神宮 平成25年11月

伊勢神宮。 過去において、「どこにシオンを感じますか?」と教会の3時間プログラム中に質問されたのでどこかの人物は「伊勢神宮。」と返答した後で地元のステーク名も伝えたことを連想する。ある著作を読んでいる別人は「く、今の面白かった。」と笑いを我慢してたのを連想する。
伊勢神宮は今年、とても注目されている。平成20年代になってから初めての大きな行事かもしれない。私の母と弟は本日、伊勢神宮に赴いている。私は留守番。仕方が無い。

交通費は住んでいる人によって大きく違ってくる。近鉄沿線の住民か否かで大きく変わるが多くの人々が大金を支払って赴いている。素晴らしいです。 

私は過去(確か、平成十年代)に伊雑宮の宮司と骨のあるお話をしてきた。中京で有名なアオ○ーズのピザ屋の店長のお話なので真剣に受け止めないでもらいたい。但し、実際に行ったか否かの差異は大きいようです。印象深かったのは、人が作った神社か否かについての差異については拘っておられた。神社本庁についてどのように考えるかは各自でお任せします。

内宮、外宮、そして、伊雑宮。これら三者を訪問することが出来たら幸せだと思います。

2013年11月17日日曜日

掛け算と割り算は違う 平成25年11月

「掛け算と割り算は違う。」という題名を読むと当たり前すぎてあきれる人が多いとは思う。まぁ、それは、無理もないお話し。だけど、ヨハネの黙示録13章18節の答えを導き出すには掛け算や割り算が必要になってくる。足し算で答えを導いた人もおられる点は否定しません。強調しておきたいのは0から9までというか、0、1、2、3、4、5、6、7、8、9の数字は全て関わってくるが半ば唯一の例外は7の掛け算の時になってくる。 来年の二月からはこの場でキリスト教と算数を発表していきます。それまでは、下記をクリックして肩の力を抜いてお読みください。

2013年11月14日木曜日

京都御所 平成25年11月







































































京都御所は素晴らしい。過去に伝達をしたら、返答が余りにもよろしくなくて悲しくなることがありました。しかし、多くの人々が訪問し霊的に過ごせたから良かったと思います。皆様も、一般公開が行われる日には参加されてみてはいかがでしょうか?