2013年10月22日火曜日

信仰が関わると争いが多く発生するが成果もある 平成25年10月

この印はトンミム(逆正三角形)と三本線が含まれてる大阪市(アダム・オンダイ・アーマン)のマークです。大阪市は革新の町です。:


嘲笑するのが好きな人にとっては、信仰が関わると争いが多く発生するという題名だけで嘲笑すると思う。だけど、悲しいが多くの人々が困っているのも事実です。本来、人々を助ける為の信仰がなぜか人生に悪影響を与えてしまった前例も存在する。加害者が被害者を偽装したり悪事の矮小化を躊躇しない人もいる。全く逆に成果を導きだしてる前例もある。
申命記19章9節の謎解きには必ず四大聖典の力が必要になる。強調しておくが、大阪市は、アダム・オンダイ・アーマンです。公表されてる町が一箇所だけだが同じようにアダム・オンダイ・アーマンも複数存在してることが聖典の中に記録されてる。従って、アダム・オンダイ・アーマンは複数存在してると解釈することが行えない教会員は霊的ではない。